スペシャル

『Maximum Magic』キャラクター人気投票結果発表!

このたびは、たくさんの投票ありがとうございます。シナリオ担当の藤海琢樹です。
ちょくちょくサイトの方を見に来ておりましたので、皆さんのコメントも拝見させて頂いておりました。今後の参考にさせて頂きたいと思います。

……と、これだけで終わってしまってはいくら何でもあんまりなので、ざっとランキングの方を振り返ってみたいと思います。
改めてみると本作らしい、実に不思議な順位になっておりますね。

・10位以下
爆乳ツンデレのセメーレがここに入ってしまったのは、眼鏡キャラだからでしょうか?
彼女より下位の女性キャラはアストレアのみという惨状。しかし、熟女に勝ってもあまり自慢にならないですしね……。
そもそも女王様は出番自体が少なかったというハンデがあります。ケータイサイトで公開されている外伝「氷の仮面」では本作の19年前が舞台となっており、少女時代の彼女が主人公ですので、こちらの公開がもう少し早ければ、セメーレと順位が入れ替わっていたかもしれません。
ちなみに今ではグラマーなアストレアですが、思春期の彼女は意外なことで悩んでいたりします。
・9位〜6位
なんでこんな区切り方をしたのかというと、実はここが一番の激戦区だったからです。六位タイが3人、しかも5位と一票差ってアツすぎです。もう少しで攻略ヒロインの一角を崩すところだったのですから、見てる方としても手に汗握る展開でした。
序盤はミレーユが先行し、一時は5位の座をうかがう勢いだったのですが、中盤であっさりとユスティとリーナに抜かれてしまいました。特にリーナは一気に追い上げてきましたね。やはり悲劇のヒロインは強いです。
ストーリーの援護を受けたリーナに対し、ユスティは最後まで底を見せなかった謎のヒロインと言うことで強い印象を残したようです。実際この人、本気出したらジードより強そうですからね……。

と、この二人の順位については納得なのですが……。
なぜ、こんなところに怪盗紳士がいる?

・5位
危うく怪盗紳士に負けかけたミリアムちゃん。個人的には大好きなキャラなんですが、同じく守ってあげたくなる属性であるミレーユに票を取られたかも。二人一緒に行動することが多かったため、さらにか弱いミレーユがクローズアップされて、ミリアムは守られる対象というより、主人公の帰りを待っているという「待つ女属性」になってしまっていましたからね。
・4位
自由奔放にストーリーを駆け抜けたヒロイン。登場が遅かったにしては大健闘ではないでしょうか?
ゲーム内でもライバルであったテミスの後塵を拝しましたが、投票の際にコメントを残してくれるユーザーが多く、熱いファンが多かったように思います。実は軽いノリのシナリオをあまり書いたことのなかったわたしといたしましても、出てくるととりあえず笑いを取ってくれる彼女の存在は貴重でした。
フォルと怪盗紳士がいなければ、本作はもうちょっと重い話になっていたかも。
・3位
純粋まっすぐな黒髪ヒロイン、テミスがベスト3に入りました。
実は投票開始前は、攻略ヒロインで一番人気が出そうな彼女がトップになるんじゃなるかと思っていたのですが……伏兵二人にやられました。
まぁ、ジードとテミスの差はわずかで、時に並んでいたりしましたので、なんとか攻略ヒロインの面目を保ってくれたと言えるのではないでしょうか?
特に嫌われることなく、まんべんなく票を集めることが出来たのが彼女の強みかと思います。
・2位
予想外その1。というか、最大の大番狂わせ。
いや、狙って作ったキャラでしたので、ベスト5くらいには入るかとは思ってたのですが……まさかの2位。
女の子がいっぱい出てくるゲームで、攻略ヒロイン全員に勝っちゃったというのはちょっぴり複雑な心境ですが、ある意味本作を象徴するキャラでしたからね。ヒーローらしいヒーローを指向した主人公でしたので、嬉しい結果だったりします。
ケータイサイトで公開されている本作の外伝「氷の仮面」にも重要キャラとして登場しておりますので、そちらの活躍も見て頂けたらと思います。
あちらでは残念ながら主人公ではないのですが、相変わらずの無双っぷりを発揮しております。
・1位
予想外その2。
ジードとの差は僅かですが、終始トップを守り続けていましたので、票差以上の強さを感じました。ユスティティアが謎キャラなら、こちらは神秘性のキャラでしょうか。ライターとしましてもまだ語れないことの多いヒロインなのですが、彼女が全身から発散する哀しみ≠フ匂いに惹きつけられたひとが多かったのではないかと思います。
・最後に
さてさて、三百字くらいの予定で書き始めたコメントだったのですが、やっぱりどのキャラにも思い入れがあって、気がつけばものすごく長くなってしまいました。
考えてみたら、自分の作品で人気投票していただけるのはSoul Link以来。向こうはどちらかと言えばストーリー性の強い作品だったために順当な結果に落ち着いたのですが、本作では波乱が多くて楽しかったです。最後の最後まで、野郎がトップ取っちゃうんじゃないかとハラハラさせていただきました。
……あとミリアム、もうちょっとがんばれ。

本作はNavelMobileのほうでも現在進行形で動いておりますので、そちらの方も注目していただけるとありがたいです。

Maximum Magic 人気投票開催決定

Maximum Magic

Lime Official Website
▲Lime Official Website
このページの閲覧には最新のAdobe Flash Playerが必要です。
回線速度によっては、閲覧に時間がかかる場合があります。
『Maximum Magic』オフィシャルウェブサイト
Windows専用 はっちゃけモダンファンタジー
©Omegavision, Inc.